ちゃんだの備忘録

日々感じたことを気ままにつづっていこうと思います。

ラグビー観戦と美味しい和食を堪能しました!

f:id:happy-ichiro:20190327023840j:plain

3月16日に、ラグビー観戦に行ってきました。

場所は、東京・青山の秩父宮ラグビー場です。

この日は、スーパーラグビーの試合でした。

スーパーラグビーとは、簡単に言えば、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ・アルゼンチン・日本の5か国で行われる、クラブチームの国際リーグです。

 

ja.wikipedia.org

元々は、南半球のラグビーの強豪国が集まって始まったものですが、2016年から「サンウルブズ」というチーム名で日本も参戦しています。

 

この参戦の目的は言うまでもなく、今年の9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のためです。

chanda-happy.hateblo.jp

 

はっきり言って、ラグビー日本代表は、世界の強豪国と比べるとかなりのレベルの差があります・・・。

そんなレベルの低い日本代表は、強豪国の代表と試合をする機会はほとんどありません。

なので、日本代表の強化のために日本からスーパーラグビーへの参戦となったわけです。

 

そんなサンウルブズの成績は以下の通り。

2016年 1勝14敗

2017年 2勝13敗

2018年 3勝12敗

2019年現在 1勝5敗

 

なんじゃ、こりゃ・・。

 

年々、力をつけているのは間違いないのですが、勝利という結果が出ていない。

今年も勝ってもおかしくない試合がたくさんあったのですが、勝ちきれない。

 

そして、ついに日本のラグビーファンが恐れていた事が起きたのです・・。

 

先日、2021年以降はサンウルブズがスーパーラグビーから除外されることが決定されました・・・。

 

これにはお金の問題もあるのですが、最大の問題は、

サンウルブズの競技力の低さ」

なんです!

弱いがゆえに、サンウルブズの試合は、日本以外では全く観客が入りません。

それに、南半球のリーグゆえ、日本だけが地理的にとても遠いんです。

 

こうなったら日本代表には、ワールドカップで奇跡の優勝を成し遂げて、もう一度日本ラグビーを盛り上げてもらいましょう!(絶対ムリ!!!)

 

この日も前半は21-5とリードしていたのに、後半では別のチームになったかのようなふがいないゲーム運びで、見事に逆転負けという結果になりました・・。

もう、しっかりしろ!(怒)

 

ガックリと肩を落としながらラグビー場を後にしました。

せっかくのビールも美味しく飲むことができなかったので、コーヒーでも飲んで気分を落ち着かせようということになりました。

f:id:happy-ichiro:20190327024550j:plain

ラグビー場のすぐ裏にある「ロイヤルガーデンカフェ」に突入しました。

royal-gardencafe.com

テレビドラマで何百回と使われた、イチョウ並木の通り沿いのカフェです。

 

f:id:happy-ichiro:20190327024946j:plain

 

ボクは「リコッタチーズのパンケーキ」をいただきました。

「幸せのパンケーキ」のような典型的なフワフワなパンケーキを予想していたのですが、もっちゃりした感じで、意外な食感でした。

 

ディナーは、新宿3丁目のカジュアルな割烹「楽 やまと」で舌つづみを打ちました。

www.raku-shinjuku.jp

 久しぶりに「ふぐ刺し」を食べましたが、

「ウマイもんやなあ!」

って感動しました!

f:id:happy-ichiro:20190327030150j:plain

全国のふぐの70パーセント以上が大阪で消費されるそうです。

たしかに大阪と言えば、「てっちり」とか「てっさや」とか、ふぐのイメージが強いですね。

5月に関西方面に行く予定なので、ふぐのフルコースを堪能してみようかな。

 

 

もうすぐ『ラグビーワールドカップ2019日本大会』が始まりますよ!!

2020年の東京オリンピックまであと1年半を切りました。

って、ちょっと待ってください!

その前に大きなスポーツのイベントがありますよ!

9月20日から、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が始まるんですよ!

www.rugbyworldcup.com

スポーツの大会としては、サッカーのワールドカップやオリンピックに次いで、3番目に大きなイベントなんです。


ラグビーは日本ではまだマイナーなスポーツ?

でもまだ、イマイチ日本では盛り上がりに欠けているというのが、ボクの実感ではあります。

高校ラグビー大学ラグビーは根強い人気があると思うのですが、プロのリーグである「トップリーグ」や日本代表に対する注目度はあまり高くないという印象です。

4年前の2015年のラグビーワールドカップでは、日本代表が超強豪である南アフリカ代表に奇跡の勝利を飾ったことで、その時には注目度は上がり、メディアの扱いも大きくなりました。

でもその盛り上がりを今年まで上手くつなげてこれたのかというと、かなり疑問が残ります。

その最大の理由は、『日本代表が強くない』ということに尽きると思います。

そして、誰もが知るようなスーパースターがいないということも大きい。

テニスが今とても注目されているのは、「錦織圭」や、「大阪なおみ」のような世界のトップのカテゴリーで活躍している選手がいるからですよね。


「五郎丸なら知ってるよ!」


たしかに数年前までは、「五郎丸歩(ごろうまるあゆむ)」というスターはいました。

でも彼が今の日本代表に参加することはありません。

「リーチ・マイケル」「福岡堅樹(ふくおかけんき)」「田村優(たむらゆう)」と言われて、ピンとくる人は少ないでしょう。

いずれもラグビー日本代表の中心選手であり、日本のラグビー界ではスーパースターです。

はっきり言って、今回のワールドカップでも日本代表が大きな躍進をすることはあまり期待はできません。

世界には、日本とはレベルのかけ離れた、強豪国がひきしめあっているからです。



ワールドカップ日本大会は、最強軍団『オールブラックス』を目の前で見るチャンスなのだ!

ラグビーに興味がない方でも、オールブラックスという名前をきいたことはあるのではないでしょうか。

オールブラックス』は、ニュージーランド代表のことで、ジャージーの色が黒であることからそのニックネームがついたようです(これには諸説あり)。

youtu.be

これは、2015年のワールドカップで優勝したニュージーランド代表のハイライトです。

ワールドカップで日本代表を応援するのはもちろんではありますが、それと同じくらい楽しみなのがオールブラックス』のプレーを目の前で見ることができる!ということです。

この『オールブラックス』のライバルと言えば、オーストラリア代表こと『ワラビーズ』、南アフリカ代表こと『スプリングボクス』、アイルランド代表、イングランド代表、ウェールズ代表といったところ。

いずれの代表も、世界ランキングトップ10に入っている強豪国ですが、

オールブラックス』は、それらの国との対戦でもほとんど負けたことがありません。

この『オールブラックス』は、スター集団なのですが、その中でも特に注目してほしい選手が3人います。


ボーデン・バレット(27歳)
youtu.be
世界最強オールブラックスの若き司令塔。

2016年、2017年と2年連続でラグビー世界最優秀選手に選ばれる。

ポジションは、SO(スタンドオフ)。

プレースキックの精度もさることながら、正確なキックパスを多用したアイデアあふれるボール回しで、相手の守備をかく乱させます。
 
そして、スキあらばチーム最速の脚力で、トライを奪います。

常に冷静沈着で、終始穏やかな表情でプレーしますが、プレーの鋭さはカミソリのよう。

さしずめ、「Smiling Assassinator(笑う暗殺者)」といったところでしょうか。


ダミアン・マッケンジー(23歳)
youtu.be
さわやかな笑顔がとてもチャーミングなスーパースター。

ポジションは、FB(フルバック)、SO(スタンドオフ)。

バレットも快速ですが、マッケンジートップスピードに入るのがメチャクチャ速い!

ボールを持ったら、フィールドを縦横無尽に駆け巡ります。

まさにフィールドを切り裂く、といった表現がピッタリだと思います。

昨年、スーパーラグビーで来日した時、秩父宮ラグビー場で彼のプレーを目の前で見たのですが、日本のチームが彼一人にズタズタにされました(10-61の屈辱の敗戦・・・。)

オールブラックスでは、主にFBを務めることが多いですが、スーパーラグビーのチーフスではSOで、プレースキックを担当。

キッカーは、人それぞれ蹴る前のルーティンを持っている選手が多いです(五郎丸選手の、手を目の前で拝むような仕草は当時流行りました)。

マッケンジー選手は、蹴る前に「ニャーッ」と笑うのです。

何でも、笑うことによって気持ちを落ち着かせているとのこと。

日本でもその「ニャーッ」が見られるかもしれません。


リーコ・イオアネ(21歳)
youtu.be
いま、最も勢いにのっている若きスーパースター。

ポジションは、WTB(ウイング)。

2016年11月にニュージーランド代表史上8番目の若さとなる19歳239日でデビューを飾った新鋭。

スピード、カラダの強さ、視野の広さ、プレーの独創性、どれをとっても一級品。

まだ経験の浅さから、粗削りなプレーが見られますが、いずれは世界最優秀選手に選ばれるであろうという大器です。


このほかにも、世界には素晴らしい選手がたくさんいます。

それが全員、日本に集結するのです!

今までラグビーに興味がなかった方も、ぜひこのチャンスを逃さないでくださいね。

筋トレ はじめました!

f:id:happy-ichiro:20190219231140j:plain

ここ数年、ボディメイクに対する意識が高まっている気がします。

ライザップをはじめ、パーソナルジムが大盛況のようです。

特に、30代から下の年齢層の方たちではその傾向が顕著だと思います。

 

職場の後輩でも、引き締まった美しいボディをしている男性がけっこういますね。

その人たちは、若いのにとてもストイックです。

特に食生活。

糖質制限は当たり前だし、甘いものはほとんど口にしない。

「オナカが空いた時って、何を食べるの?」

ってきいてみたら、

「サラダチキンとか、ナッツ類ですね。」

ボクなんか、スグ甘いお菓子に手がのびてしまうのに・・。

 

糖質制限は、ボクもチャレンジしたことはあります。

でもどうしても、白米の誘惑に勝てない・・・。

また糖質を減らすと、ストレスがたまってしまうんです。

でも、自分の醜いカラダを毎日鏡で見るのもまたストレスなんです。

ワガママですよね( ^ν^)

 

でもナントカしなくてはいけない!

このまま醜いカラダのままで死にたくない!

食事制限ができないのなら、太りにくいカラダをつくろう!

ということで、

 

「筋トレ」をはじめました!

 

当初はジムに通おうかと思いました。

しかし!

ボクは絶望的に、

 

「意志が弱い!」

 

過去に、ジムに入会しながらも、1回も行かずに1ヶ月で退会したという経験があります。

それが今でもトラウマになっています。

なので、

 

「毎日続けることができる」

「自宅でお金をかけずにできる」

 

この条件を満たすトレーニングとして決めたのが、

 

「腕立て伏せ」

 

です!

 

しかも、朝と夜、各5回ずつという、ユルユルなトレーニングです(^o^)

 

「たった、5回だけ?」

そう思われるかもしれません。

でも、どんなに時間がなくても、どんなにやる気がおきなくても、これだったら毎日続けることができるんです!

とにかく「続けること」を最優先にしました。

上の写真の「プッシュアップバー」を使うと、深く体を沈ませることができます。

 

今日まで1週間ですが、続けることができました。

少しだけですが、胸の筋肉がついた気がします(^^)/

 

そして、さらにカラダに負荷をかけようとおもい、新たなトレーニングを追加しました!

 

それがコレです!

 インスタグラムで、男女の割合問わす、トレーニングで美しいカラダを作り上げている方々をフォローしています。

このプランクは、体幹を鍛えるトレーニングとしてはとてもポピュラーですね。

でもやってみると、

めちゃくちゃキツイです・・・。

でも続ければ効果が出てくるのは、間違いないと思います。

3か月後には、少しは引き締まったカラダに変身するといいなあ!

とにかく続けるぞ!継続は力なり!

 

 

美味しいスイーツを堪能しました!

もうすぐバレンタインデーですね。

 

ボクは、バレンタインデーといえば、今まで良い思い出しかありません!

 

ウソです!

 

一度言ってみたかったんです(笑)

 

そう、バレンタインデーといえば、チョコレートですね。

以前は、女性が男性にチョコレートを贈るのが普通でした。

今では、男性が女性にチョコレートを渡したり、女性同士でチョコレートの交換をしたり、またはチョコレート以外の贈り物をしたりと、だいぶ様変わりしています。

 

そんなことを考えていたら、久しぶりに美味しいスイーツを食べたくなりました。

なので、さっそく買ってきました!

職場の近くにはあまり洒落たお店はないのですが、5年前に美味しいパティスリーがオープンしたんです!

その名前は、『エクラデジュールといいます。

「エクラデジュールÉclat des jours)」とは、フランス語で「きらめく日々」を意味します。

www.eclatdesjours.jp

 

f:id:happy-ichiro:20190212231835j:plain

外観はこんな感じです。

清潔感があって明るくて、居心地の良いお店です。

 

f:id:happy-ichiro:20190212232113j:plain

ヴァレンタインデーが近いこともあって、贈り物にできるようなキュートなお菓子がたくさんディスプレイされていました。

 

で、ボクが買ったケーキがこれ。

f:id:happy-ichiro:20190212232452j:plain

まず一つ目は、「ベイクドチーズケーキ」。

なんと3種類のチーズが使われていて、とても濃厚でめちゃクリーミー

そこに、チーズと相性の良いブルーベリージャムがたっぷりとのせられています。

 

f:id:happy-ichiro:20190212232845j:plain

次に2つ目。「アンダレス」といいます。

フランス語で「愛情」とか「優しさ」を意味します。

ふわふわのビスキュイ(スポンジのことです)の生地を、オレンジの果肉を加えたホワイトチョコが包みます。

中は、ホワイトチョコのムースと、オレンジ・パッションのムースのハーモニーです。

ホワイトチョコって重たくなりがちなんですが、柑橘系たちの活躍によってさわやかな後味になっていて、いくらでも食べられると思わせます。

 

f:id:happy-ichiro:20190212233742j:plain

次に3つ目。「エムコラ」といいます(名前の由来は忘れました)。

一番下の生地は、お米を使った「ライスパフ」になっています。

その上はミルクチョコレート

その上には、オレンジとマンゴーのジュレ(ゼリー)が層になっています。

チョコとマンゴー、こんなにお似合いのカップルにお目にかかったことがございません!

 

f:id:happy-ichiro:20190212234445j:plain

さらに4つ目!「オディール」。女性の名前だそうです。

これが僕の一番のお気に入りなんです!

中は、これまた濃厚なチーズクリーム

それをサンドしているのは、「スペキュロス」というクッキー。

「スペキュロス」は、ベルギーの伝統的なお菓子で、シナモンやカルダモンなどのスパイスが入っているクッキーのこと。

ほんのり苦みがあって、初めて口に入れたときは、とても新鮮な驚きがありました。

そして、一番上にのっているのが、「リュバーブのジャム。

「リュバーブ」とは、「西洋フキ」のことだそうです。

フキというと、なんか和食の食材のイメージしかありませんでした。

だから、そのフキがスイーツに使われているなんて、本当にビックリしました!

このジャムは、梅のジャムに似た感じで、ほんのり甘酸っぱい。

それが濃厚なチーズクリームにまさにピッタリなんです!

 

さらに!

「エクラデジュール」は、パンも絶品なんです!

特にヴィエノワズリー(菓子パンのことだって。ボクはこの言葉を初めてききました。)は、かなりレベルが高いと思います。

で、ひとつだけ買ってみました。

f:id:happy-ichiro:20190213000402j:plain

これは、洋梨のデニッシュ」

切ってみると、こんな感じです。

f:id:happy-ichiro:20190213000519j:plain

香りが高くて上品な甘さの洋梨がこれでもか!というくらい、たっぷり入っています。

デニッシュ生地って、バターが多くてしつこいイメージがあったんですが、そこはさすがです。

まったくしつこくなく、サクサクして、ほんとにシアワセ~~。

 

「エクラデジュール」に行くと、いつもこれぐらい買ってしまいます。

気になるお値段なんですが、だいたい500円から700円くらいです。

このレベルのスイーツがこの値段で買えるのは、都心から離れたお店だからと思います。

おそらく、恵比寿や代官山、六本木などにあったら、この値段では食べられないんじゃないかな。

 

糖質制限はまだまだ先のことになりそうです(笑)

 

食べログでも、とても高い点数が出てます!

tabelog.com

「先延ばしの癖」をどうしても治したい!!

f:id:happy-ichiro:20190211002022j:plain


 

今日、ボクはここに宣言をします!

 

「もう二度と、自分がやるべきことを先延ばしにすることはしません!」

 

でもねぇ・・。

なかなか治らないんです。

たぶん、病気だと思います。

今まで、52年間、この病気のせいで、

「オレはがんばったー!」

ということが何一つありません。

大きな結果を出している人って、

「とりあえずやっちゃえ!」

ってまず行動する人が多いと個人的には思います。

 

それが自分にはできないんだよなあ・・。

どうしてだろう?

なんとか原因とその対策を知りたくて、

「先延ばしの癖を治したい」で検索してみました。

 

merise.me

 

このサイトに書かれている、「先延ばしの癖」のメカニズムやその対策については納得できる部分が多かったです。

 

(ここから上のサイトから引用)

「めんどうくさい」

    ↓

「後でやろう」

   ↓

「後でやるからもっと面倒くさくなる」

   ↓

もっと先延ばしにしたくなる

 

このループが始まってしまうので、いつまでたっても行動ができなくなります。

結果どうなるかというと、あまりに先送り癖がつきすぎて、自分の行動がコントロールできなくなり、自分の決断に自信がもてなくなります。

やらなきゃいけないのに、行動できないというのは小さな挫折です。

挫折を繰り返すことで、自分に自信がもてなくなってきます。

(ここまで)

 

この悪魔のループを断ち切らないと、この先何も成し遂げずにボクの人生は終わってしまいます。

じゃあ、効果的な対策はあるのか?

ボクが個人的に効果あるかもって感じた対策は3つありました。

 

まず一つ目。

◎とりあえず5分だけやってみる。

5分で終わってもいいから、とりあえず5分だけやってみる。

たしかに、少しでも手や体を動かすと、やる気が出てくることが多かった気がします。

実は、いま書いている記事も、最初は面倒くさいと思っていたのですが、とりあえず記事のタイトルを入れたら、「少し書いてみるか。」という気になりました。

上のサイトによれば、手や体を動かすと、興奮ホルモンである『ドーパミン』が脳内から放出されるそうです。

この『ドーパミン』が、やる気の源になるということです。

 

次に二つ目。

◎中途半端な状態まで作業しておく。

一つ目の「5分だけやってみる。」に関連してますが、終わらせることを考えず、中途半端な状態までやっておく。

人というのは、未完成な状態が気になる動物みたいです。

これを、『ツァイガルニク効果』というらしい。

 

「人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象」

(ウイキペディアより引用)

 

ボクは、

 

「完全に終わらせないと気が済まない」

「または完成が遠いと感じると、手をつけることができない」

 

という悪癖があります。

完璧主義を忘れて、まずはいろんな作業に手を付けることが、僕には必要なことかもしれません。

 

最後の三つ目。

◎自分以外の人の監視の目を入れる

これは、強制的に与えられた仕事ならば簡単かもしれません。

会社の上司や取引先など、やらなければ他人の信用を失ってしまう場合、大きなデメリットがダイレクトに感じられるからです。

でも、やらなくても誰にも叱られたり、非難されることがないことってありますよね。

たとえば、副業をしながらその仕事で起業をするために必要な作業なんかもそうです。

他人に強制されたわけではないが、自分でやると決めた作業には、なかなか監視の目をつけるのは難しいかもしれません。

例えば、SNSで起業を目指すグループに入って、そこで報告会に参加するなんてのもアリですね。

ですので、ボクは今日ブログで宣言しました!

これがボクにとっての監視の目となります。

 

『先延ばしにしてしまうくらい面倒な行動こそが、価値を生み出す行動だ。』

上のサイトで、一番心に刺さった言葉です。

そうです、だから今すぐにやるのが一番なのです!

 

60歳まで、あと「391週間」しかありません!

 

「先延ばしの癖」、絶対に克服します!

 

追伸:「究極の先延ばし魔」として苦労してきたティム・アーバンさんが、何が自分の脳の中で起きているのかを面白おかしく話してくれています。

多くの人が「先延ばしの癖」で苦労しているのがわかって、ちょっとホッとしました。

www.ted.com

 

 

 

トム・クルーズ主演の映画『マイノリティー・リポート』の描く近未来観にシビレる!

youtu.be

 毎日、ニュース番組やワイドショーでは、殺人やあおり運転などの物騒な事件が連日のように伝えられていますね。

「なんだか、日本はどんどん危険な国になってきた気がするなあ。」

「日本の安全神話も、昔の話になってしまうのかな。」

なんて、そんな印象を持つ方も多いかもしれません。

でも、この統計を見てください。

f:id:happy-ichiro:20190208004744p:plain

このように日本の犯罪件数は徐々に減少する傾向にあるのです。

さらに、2018年の犯罪発生件数は戦後最少だったということです。

それでは、世界の状況はどうでしょうか。

 f:id:happy-ichiro:20190208004529j:plain

主な犯罪の発生件数については、

アメリカはなんと、日本の5倍にもなるのです。

5年前の統計ではありますが、現在もそれほど変わってはいないようです。

徐々に減少傾向にはありますが、それでも日本に比べればまだまだ犯罪発生率の高い国であることは間違いないです。

その犯罪発生率を劇的に下げる方法、いやこの世から犯罪をゼロにするような神業のような方法はあるのでしょうか?

現実にはありえない。

でも、

 

「もし、あらかじめ犯罪が起きることを予知して、犯罪を防ぐことができたなら?」

 

そんなユートピア理想社会)の形を呈示してくれている映画が、トム・クルーズ主演のマイノリティ・リポートです。

 

時は2054年、ワシントンD.C.

政府によって設立された「犯罪予防局」によって、ワシントンD.C.の犯罪発生率は0%になっていました。

その犯罪予知システムを担うのは、「プリコグ」と呼ばれる3人の予知能力者。

この3人の「プリコグ」は、人間離れした予知能力によって、どんな犯罪がいつ、どこで行われ、誰が犯すのかを、あらかじめ知ることができるのです。

 

この犯罪予知システムは、3人の意見が一致して初めて正確な予知がなされるのですが、実はまれに3人の意見が食い違うことがある。

これは「少数報告」、つまりマイノリティ・リポートとして、決して公(おおやけ)になることはなかったのです。

公にしてしまえば、犯罪予知システムの安全性が担保されなくなってしまうからです。

 

しかし、犯罪予防局の刑事である、トム・クルーズふんするジョン・アンダートン刑事が偶然にも「マイノリティ・リポート」を発見してしまったのです!

そこから物語は思わぬ方向へ・・・。

 

この「マイノリティー・リポート」には、スティーブン・スピルバーグ監督が英知を結集して作った近未来世界がスタイリッシュに描かれています。

「こんなのがあったら楽しいよな、便利だよなあ。」

そんな技術がふんだんに登場します。

 

とりわけ、ボクが好きなのは、洋服店に入ると、立体的なホログラムで描かれた店員の女性が、

「ちゃんだ様、先週お買いになったコートの着心地はいかがですか?」

(実際の映画では、もちろんこれとは違うセリフですが(笑))

と声をかけてくれるシーンです。

youtu.be

(日本語字幕がなくてスミマセン(-_-;))

店に入る時に網膜審査によって人物を見分けて、その人物に最適なセールストークをするというシステムです。

これ以外にも本当にたくさんの近未来に実現してるかもしれない、楽しい技術がこれでもか!と出てきます。

 

「面白そうだな!」と思った方にはぜひ見ていただきたい映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確定申告の季節がやってきましたね^^

f:id:happy-ichiro:20190206030349j:plain

日本国憲法第30条「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」

いきなり憲法の条文を出してしまってスミマセン^^

以前、弁護士を目指して司法試験の勉強をしていたことがあり、法律にはとてもなじみがあるんです。


今年も確定申告の季節がやってきましたね。

ボクは給与所得者ではありますが、給与以外にも株の売買益や副業、そしてiDeCo(イデコ)の積み立てもあるので、確定申告が必要です。

毎年、国税庁のサイトから書類一式をダウンロードして、それに必要事項を記入して、税務署に送付していました。

オンラインで完結することのできる「e-Tax」という申告方法もあります。

ただ、その方法のためには、「ICカードリーダー」というものがが必要となり(2000円くらいで購入できるんですが)、購入する必要性も感じていなかったので、「e-Tax」は利用していませんでした。

だから、
「パソコンとかスマホだけで申告作業が完結できたらいいのになあ。」
と思っていました。


がしかし!
それが今年からできるようになったのです!

IDとパスワードを入力するだけで、確定申告を完結することができるんです。

そのIDとパスワードを取得するためには税務署に行く必要はあるのですが、それも一度だけです。

f:id:happy-ichiro:20190206030520p:plain
出典:国税庁ホームページ

確定申告にも「IoT(Internet of Things すべてをインターネットに)」の流れがやっとたどり着いたと言ってもいいのかもしれません。


納税といえば、あのZOZOTOWNの前澤社長は、去年の自分のツイッターで、
「今年は70億円以上納税しました。」
と言っていました。

** な、な、ななじゅうおくえん!?

なんじゃ、そりゃ!

なんでも、前澤社長は、自身の所有しているZOZOTOWNの株式の配当だけで、去年は120億円以上を受け取ったそうです!

ボクが使っている道路や公園なんかの公共のインフラは、前澤社長に造ってもらっているようなもんだな・・・。

前澤社長、いつもありがとうございます。

さっそく、ZOZOTOWNで冬物のコートでも購入させていただきます!


ボクもたくさん稼いでたくさん納税して、社会に貢献したいと思います!